トップページ > 診療案内 > 診察・治療一覧表 > 心療内科治療の概要について

心療内科治療の概要について


初期 カウンセリングと応急処置、病識の獲得

初期の治療はカウンセリングでしっかりとお話を聞かせていただいた上で診断を行い、治療法や経過の見通しをお伝えします。必要に応じご説明を行います。
当院では精神療法を主体とした治療を行いますが、症状が強い場合はお薬を処方することがあります。

初診では漢方や眠剤を用いることが多いですが、この段階で抗うつ薬や抗不安薬を少量処方させていただき、結果的に治療が効率的となることもあります。

中期 メンタルセラピー

カウンセリングや内服をある程度続けると、心と身体に余裕が生まれ、病気を発生・持続させたりする行動や思考の無意識のパターンに気が付くことが多く、更にその原因を心理検査による分析を行うことでそのパターンや、修正の為の具体的な筋道を発見することができます。
この段階で治療だけでなく、再発予防の見通しを立てていきます。

後期 メンタルセラピーとフィジカル(身体)セラピー

充分にパターン修正の気づきを経ると心身の症状はかなり改善することが多く、この段階で内服を安全に離脱できるケースもあります。

長期的な経過をたどった心身の不調は改善に時間がかかることもありますが、当院ではフィジカルセラピーを併用し、心身両面からのリラクゼーションを通じてより効果的な治療を行っております。

ご予約はこちら
http://www.hirayama-clinic.com/service20106.html

ページトップへ戻る
Copyright(C) ひらやまクリニック All Rights Reserved.